戸越銀座について

「戸越銀座商店街」の概要

戸越銀座商店街(連合会)は、東急池上線の駅「戸越銀座駅」に接する、全長約1.3kmにわたる関東有数の長さを誇る商店街で、戸越銀座商栄会商店街(振)、戸越銀座商店街(振)、戸越銀座銀六商店街(振)の3つの振興組合で構成されています。

商店街沿いには約400件もの店舗が軒を連ね、平日でも1万人以上が来客する非常に活気のある商店街です。

商店街のイベントなどでは「戸越銀次郎」、通称「銀ちゃん」というマスコットキャラクターが登場し、子供たちの人気を集めています。

また、「戸越銀座ブランド」という商店街独自のブランドも企画し、数々のヒット商品を生み出すなど、元気のある商店主たちがたくさんいるのも、ここ戸越銀座商店街の魅力です。

さらに、2013年完成予定の電線類の地中化事業と、それに伴うITインフラの整備によって「ユビキタス商店街」が生まれ、さらに魅力ある商店街になることが期待されています。

「戸越銀座」という地名の由来

「戸越」という地名は、江戸を越えた土地という意味の「江戸越え」に由来すると言われています。

当時、この地に住む人々は「とごえ」 と呼んでいたそうです。

その後、大正12年の関東大震災で被害を受け た銀座(東京都中央区)から、当時ガス灯用のガス発生炉用耐 火レンガとして使用されていた白レンガを戸越の人々が譲り受 け、当時水はけの悪かった戸越の大通り等に再利用しました。

現在日本には数多くの銀座と名のつく地名がありますが、こうした経緯によって日本で1番はじめに銀座という名前を譲り受け、「戸越銀座」という地名が誕生しました

よくある質問Q&A

Q1.お買物専用時間帯(交通制限時間帯)は何時から何時ですか?
A1.月曜~土曜は15:00~18:00、日曜・祝日が14:00~19:00になります。