戸越銀座コロッケ

戸越銀座コロッケとは…。

戸越銀座のイメージといえば「下町情緒あふれる商店街」。コロッケを食べながら商店街を歩いている人を多く見かけます。昔から戸越銀座のお肉屋さんがつくるコロッケは評価が高く、「せっかくおいしいコロッケがあるのだから、これを活用して戸越銀座に来ていただいているお客さんにもっと楽しんでもらえないか。」と考えたことから、「戸越銀座コロッケ」のプロモーション活動が始まりました。
「戸越銀座コロッケ」には、とくに決まったレシピや決まり事はありません。戸越銀座商店街のそれぞれのお店が、それぞれの個性を生かしたコロッケをつくっています。気軽にだれもが参加できるので、始めはお肉屋さんや惣菜店の7店舗から始まりましたが、少しずつ参加店も増えて、今では飲食店も含めた21店舗が独自の個性あふれるコロッケを販売しています。
今後もどんどん参加店が増えていく予定です。この長い戸越銀座商店街を、端から端まで食べ歩きをしながら楽しめる、そんな商店街って魅力的だと思いませんか?

産学連携プロジェクト

立正大学経営学部池上ゼミは、戸越銀座商店街と協働で、商店街を「コロッケのまち」にしようと活動しています。その一環として、コロッケの土産用の箱、コロッケ店のマップ、コロッケ店に置くのぼりの作成、そしてコロッケ店のプロモーションビデオ製作も行いました。さらに、「戸越銀座コロッケ」の一つとして「立正コロッケ」をつくって、月一回の販売を行っています。

 

↓↓↓立正大学経営学部池上ゼミのブログは下のバナーをクリック!↓↓↓

 

 

↓↓↓コロッケの最新情報は以下のアドレスをチェック!(NAVERまとめ)↓↓↓
http://matome.naver.jp/odai/2133240202471433601